Mac Book Air キーボード(US)操作まとめ


WindowsからMacへ乗り換えた自分用に MBAのキーボード操作について書きました。
Mac操作でちょっと戸惑うところとかWindows操作の代替操作/設定なんかを纏めました。
ちなみに私がUSキーボードなのでUSキーボード向けです、ではどうぞ

コピペ

Windowsでのコピーのショートカット「ctrl」+「c」ですが、「command」+「C」「ctrl」の代わりが 「command」キーです。「control」キーがありますが、これは罠です^^ もちろんペースト(V)、カット(X)も「command」キー同時押しです。

日本語入力

日本語入力(ローマ字)ですがJISキーボードはスペースの左右に「英数」「かな」キーがついてますが、USキーボードにはないので戸惑う人も多いと思います。これは「command」+「スペース」キーで出来ます。ちなみに「KeyRemap4MacBook」というソフトを使えばJISキーボードよろしく、USキーボードでもスペース横の「command」キーを「英数」「かな」キーのように使えるみたいです。

中点(・)の打ち方

「option」+「?/」キーです。分かりづらいです。

ファンクションキー

キーの上段に配列されているF1〜F12ですがデフォルトだとファンクションキーの使用は「fn」キーの同時押しでないと使えません。そのまま押すと画面の明るさ、音量調整の特殊機能になります。デフォルトでファンクションキーを使用したい人は画面左上のリンゴマークの「Appleメニュー」から「システム環境設定」を選び、「キーボード」を選択。「F1,F2などの全てのキー・・・」にチェック

F5

ページの再読み込みですが、「F5」じゃ読み込めません。「command」+「R」です。

小さいぁぃぅぇぉっ

「L」キー派には悲報、「X」キーの方はそのまま使えます。つまり「X」+「A」、「I」、「U」、「E」、「O」、「T」「U」

※「L」キーでの変換方法見つけました!
画像を参考にメニューバーの日本語変換アイコンをクリックして「ことえり環境設定を開く」をクリック
スクリーンショット 2014-09-24 14.41.17

「Windows風のキー操作」にチェックする!
スクリーンショット 2014-09-24 14.42.20

これで「L」キーでの小文字入力が可能となります。

デスクトップ表示

「windows」+「D」キーは「fn」+「F11」で可能です。※ファンクションをデフォルト使用にしている人は「F11」のみでOK
親指と他の3本指を広げるマルチタッチジェスチャでも可能です。(私はこの操作ちょっと苦手です・・・)

分かったことがあったら順次このページを更新しよう。
なにかおすすめの設定あったら教えてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です