ふるさと納税について!


furusato

ふ〜る〜さ〜と〜、皆さん知ってますか?

ふるさと納税について!

私は名前だけはなんとなーく耳に入ってはいました。

ただ、都会に住んでる人が地元に寄付をする制度なのかな?という認識で

「ただでさえ住民税や所得税で毟り取られているのに、自ら納税するなんてバカジャネーノ」なんて思っていました。

週刊マネーランド」第8回放送を聞くまでは。

今ではふるさと納税について考えるだけでwkwkで夜も眠れません!

そんなふるさと納税について簡単に紹介していきます。

謝礼品が貰える!

syarei

お肉、お米、お酒、野菜や果物など、、寄付をした自治体から謝礼品が貰えちゃいます!

この情報は知っている人は多いと思います。私はこれすら知りませんでした。汗

自治体によってはゲームソフトやパソコン、タブレット、土地、薪、流氷、Tポイント等々、、豪華な物から?なものまで多種多様です。

私は新米が15〜20キロもらえるのはありがたいなーっと思いました。

生まれ故郷じゃなくてもオッケー!

そして、納税先は自分の生まれ故郷じゃなくても大丈夫なんです!

「自分の故郷はたいした特産品ないからやめとこ。。。」と諦めないでください!

マンゴーが欲しければ宮崎県に、カニが食べたければ北海道に。

ふるさと納税しちゃいましょう!

ふるさとチョイス

ふるさと納税のポータルサイトを見てるだけで、ワクワクが止まらないですよ〜。

寄付金を住民税控除出来る!

zeikin-image

これこそがふるさと納税の最大のメリットです!

寄付金の2000円は実質負担となりますが、それを越える金額については寄付した額だけ来年の税金が安くなります。

つまり、実質2000円でマンゴーやお肉が貰えます!素晴らしいっ。。。

それでもいくらでもできるわけではなくて、やっぱりちゃんと限度額があります。

収入によって限度額は変わりますが、住民税額の1割までです。しかし、今年から住民税の2割までに拡充されました!

細かい計算はありますが、課税所得が500万円だと、税率10%なので約10万円までが控除対象になります、凄え。

確定申告なしで出来る!

普通、サラリーマン等の給与所得者は、会社で年末調整をしてくれるので確定申告の必要がありませんが、ふるさと納税をして住民税の控除を受けようとすると、確定申告の必要がありました、昨年度までは!

4月1日以降から、5ヶ所の自治体までという制約はありますが、確定申告なしでもふるさと納税の住民税控除が受けられます。

まとめると

支払うべき税金の2割までを、先に地方の自治体に寄付することによって、その自治体の特産品が面倒くさい手続き(確定申告)なしで頂くことが出来、かつ来年の住民税も安くなる!

ということです。

こんな素晴らしい制度を今まで知らなかったなんて、今まで自分は損してたなーと思います!

教えてくれた「週刊マネーランド」の浅野真澄さん、山田真哉先生に感謝です。

今回のふるさと納税のお話がYouTubeに上がっていたのでリンクを貼っておきますね。

私の拙い文章よりこちらを聞いた方が分かりやすいし、面白いです!

ちなみに、浅野さんがふるさと納税先に決めた、群馬県草津町の草津マネーこと「草津温泉感謝券」はこちらから簡単にふるさと納税できます。

群馬県草津町

週刊マネーランドはこれ以外にもお金に関するタメになる話や、お得な情報がいっぱいなので、気になった方は是非聞いてみてください!

以上、ふるさと納税についてでした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です