日本酒の魅力


img_2639

こんにちは、けぇーんです

最近、日本酒にドップリハマってしまいました!

これまでは頼むアルコールの割合はビール5割、ウィスキー焼酎4割、ワインやカクテル1割

日本酒は0で全く飲んできませんでした

それが今では日本酒9割、その他1割という感じになり むしろ日本酒しかおいていないお店に行くようになりました。

そんな私がハマった日本酒の魅力について紹介します

主原料はお米と水だけ

日本酒の主原料ってお米と水だけで作られているんです

知ってました?私はしりませんでした

焼酎には芋焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎、しそ焼酎と様々な原料で作られているので

日本酒も芋で作った芋日本酒、麦で作った麦日本酒もあるのかなーなんて思ってました

主原料がお米と水だけなのにも関わらず日本酒によって香りや味わいが多種多様で面白いんです

ちなみにスーパーに売ってるカップ酒や安居酒屋の日本酒ありますよね

あれは米と水以外に醸造アルコールでかさましして酸味料、糖類等で味を調えた日本酒もどきです

飲むならちゃんとした純米酒、吟醸酒を飲んでください 日本酒に対する認識がかわりますよ!

 世界に誇る"國酒"である

やっぱり日本酒といったら日本のお酒じゃないですか

ビールでもないワインでもないウィスキーでもない日本でつくる”日本酒”ですよ

日本人として自身のアイデンティティに関わるものじゃないですか!

でも日本人、全然日本酒飲んでない!!

日本全体のアルコール消費量に対する日本酒の割合って10%を下回っているそうです

“國酒”なんて言っているにもかかわらず我々、日本人はビールやワインばっかりありがたがって飲んでる

最近は日本食ブームもあいまってむしろ海外のほうが日本酒をのまれているみたいですよ

海外の人から「日本酒飲んでみたい」って言われて日本人である私たちが「日本酒なんて臭くて美味しくないよ ビールやワインの方が美味しいよ」なんて言ってたら悲しすぎるじゃないですか

そんなことにならないように、仕事で海外に行く友人たちに日本酒のお店に連れて行ったり自宅で振舞ったりして日本酒の良さを伝えてます

酔うためでなく味わうための酒

日本酒は銘柄によって本当に香りと味が違います

ジュースの様に甘いもの、ワインの様に酸味があるもの香りが華やかでフレッシュな生酒、香りが穏やかで味に丸みのある熟成酒などなど

また同じ銘柄でも温度の違いや合わせる料理によっても変わります

一つのお酒でここまで味の幅を楽しめるのは日本酒だけなんじゃないかな〜と思ってます。

それと同時に飲み手側の私たちも好みの味わいがそれぞれ違ってそれもまた面白い

「私はフレッシュな生酒が美味しいなー」とか「俺は濃醇な山廃が好きだなー」みたいな感じで友人たちと日本酒飲み比べてみるとめちゃめちゃ楽しいです

最後に

いやほんと日本酒って美味しくて楽しいんですよ

昔、友人に「芋で作った日本酒ってないの?」とか聞いてたとは思えないほどハマってます

いや、ほかのお酒はわかるんですよ?ビールとウィスキーは麦でワインはブドウだし焼酎だって乙類と甲類の違いまでわかるのに

つまりそれほど日本酒を飲んでこなかったし、日本酒に興味がなかったんですね

原因は若いころに飲んだ悪酔いするまずい普通酒だったりするんでしょうね

日本酒飲んだことがない友人を日本酒バーなんかに連れてくと「なんで俺は今まで日本酒をのまなかったんだ?」とめちゃくちゃはまる人が多いので大半は飲まず嫌いなんだと思うんです

私もその印象が強くて日本酒をずっと避けてきたんですが、友人から騙されたように連れていかれた日本酒バーで飲んだ純米大吟醸がすごく美味しかったので騙されたと思ってまずは純米酒・吟醸酒なんかを飲んでみるといいですよ

これからこのブログでは美味しい日本酒の紹介や都内で日本酒を飲んだり買ったりできるおススメのお店を紹介して日本酒を飲む人を少しでも増えるように応援していきたいと思ってます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です