けぇーんのプロフィール


けぇーんのプロフィールです(画像は南部美人五代目蔵元の久慈浩介さんと)

学生時代

鹿児島県の徳之島出身、18歳までを徳之島で過ごしました。

綺麗な海に囲まれながらも漫画やTVゲームで育ってきました。


人に馬鹿にされるのが嫌いで友達もほとんどいなくいわゆるコミュ障ってやつでした。

communication_nigate_shifuku

中学3年生の時、父が経営している会社にインターネットが導入され「Welcome to Underground」入り、ますますコミュ障に磨きがかかり灰色の高校生活を送ります。

高校卒業後は鹿児島のコンピュータ専門学校を経て、特に面白みもなく東京のIT企業に正社員として就職しました。

営業職は絶対に無理だしーITなら会話しなくて仕事できそうだなーっていう超意識低い理由でIT企業を選びました。

私のような低学歴・コミュ障でも苦労なく就職できたのはリーマンショック前だったからだと思います。

最初の職場

最初の企業は従業員数1000名以上、月収は20万程度、残業代は必ず出ますしボーナスも年間5.2か月分、住居は会社が借り上げたマンションに家賃2万程度で住まわせてもらってました。

そんな優良企業にコミュ障な息子が就職し、親は大歓喜!!

仕事内容はデータセンターという窓一つない閉鎖環境で、手順書を使い機械に向かって決まった作業を24時間2交代制で繰り返すメインフレームオペレーターという仕事でした。

特に難しいことを考えることもなく人と関わることもない仕事に、私も大歓喜!!

転職のきっかけ

そんな職場で働き始めて2年目のある日、実家の徳之島に帰ったら急に40度以上の高熱が出て死にかけました。

あとから考えると大したことない風邪だったんですが、12時間以上も下がらない熱に当時は本気で死ぬかもしれないと感じたんですよね。

そして今までの自分の人生のつまらなさに絶望しました。

嫌なことから逃げ、挑戦することを恐れ、ぬるま湯に浸かった生き方をしていた自分

そんなことを考えているなか、両親が私をめちゃくちゃ心配してくれて、こんな自分でも死んだら悲しんでくれる人がいるんだなと思うと、自分が生きてきたことに意味はあったのかなーと思えました。

そう考えた瞬間に意識が遠のいて、起きた時には熱は完全にひいてました^^;

この出来事がきっかけで私は後悔しない生き方をしようと決心しました。

自分が死ぬ時に「俺の人生、最高やったで〜!」って言えるようになろうと思いました!

表参道のカフェで働く

最初の職場はすごく良かったんですが、ここに自分の成長はないなと思って辞めました。

僅かに退職金も出ましたし、勤めていた間に150万円程度の貯金があったので次を決めずに辞めました。

次の職場は表参道のオシャレなカフェでアルバイトでした。

しかもセレクトショップを併設しているお店で、今までとは働く場所も人も働き方も全く違う職場でした。

きっかけは知り合いから「働いているお店が新しくお店出して、レセプションパーティーするんだけど来ない?」と誘われたことでした。

今までの自分ならそんなオシャレ空間に言ったら馬鹿にされると思って断るところですが、その時は「なにかあるかも」と思い切って行ってみることにしました。

レセプションパーティーは豪華なフードとアルコール含むドリンク全て無料!で来ている人たちみんなオシャレで、なんというかすべてがキラキラしていて、自分がいた世界とは全く違う、、別世界でした。

ここで働けたらコミュ障が克服できるかも・・・!
長年にわたって培ってきたコミュ障を治すにはこのキラキラだ!

と思いさっそく、知り合いに頼んでホールとして雇ってもらうことになりました。

コミュ障大爆発

案の定メチャクチャ苦労しました。

今まで人とちゃんと接したこともなく、仕事も与えられたことを淡々とやるだけだった人間にカフェのホール業務は辛かったです。

お客さんとの接客もそうですが特に職場の人たちのコミュニケーションがうまくいきませんでした。

今までアパレル関係で働いてきた人たちばかりだったので会話のネタは服とか音楽(ヒップホップ?)とか。私はアニメ・ゲーム・ネットですからね。。。

でもあそこで必死にやってたおかげで洋服にも少〜し詳しくなれたし、まともに会話もできるようになりました。相変わらず人見知りではあるんですが。

ものすごく成長できた

今まで働いた中で一番ここが成長できた職場でした。

「百人いたら百人違う接客をしなさい。女性のグループなんだから店内にあるお花を集めてそこのテーブルに集めて華やかにするとか、オープン前から並んで待ってくれた最初のお客様はソファーがある一番いい席をご案内するとか、ただ案内するだけなら誰でも出来るのよ。そういう気づかいがホールの仕事なのよ。」

オーナーに言われた言葉です。

ここでは色んな事を学ばせてもらいましたが考えるっていうことを一番学ばせてもらえたと思ってます。

時給は低かったですけと、普通のアルバイトでは学べないことが沢山ありました!

というかそれまでいかに考えなしに生きてきたかってことなんですが。

2度目の転職

カフェのアルバイトは2年ほど働いて転職します。

自分の成長のためってことで入った身ですし、そもそも表参道のカフェは自分のキャラに合っていなかった

というか今でも自分なんかが雇ってもらえたなーと思ってます。

この店はすごく人気店で(お客としても働き先としても)アルバイトでもなかなか雇って貰えないんですがちょうどオープン当初で人が足りてなかったからでしょうね^^;

ここで働いて接客が楽しくなったので次も飲食業にしました。

これが私が一番失敗した転職です

別記事で書いてあるのでそこをみてください

ブラック飲食企業を辞めて未経験からネットワークエンジニアとして転職した話

2016.03.15

要するにとんでもないブラック企業だったってことです!

3度目の転職

飲食業はだめだ、接客は楽しいけど社員として働くのは無理だ!となってIT業界に戻ることにします。

ここのことは別に記事にして書こうと思っているので割愛しますが特定派遣の会社でCCNAを取得しネットワークエンジニアとして低収入で2年ほど働きました。

そしてフリーランスへ・・・

気にくわない派遣先とピンハネしまくってる派遣元に嫌気がさし、知り合ったフリーランスSEの方の勧めもあって28歳の時にフリーランスエンジニアとして働き始めました。

そんなにスキルもなく低学歴だし転職繰り返している自分どうかな?って思いましたがエンジニア不足の昨今、私程度のスキルでも簡単にフリーランスとして働くことができました。

正社員からあえて非正規で転職した理由

2015.05.03

大変っちゃあ大変ですけど今が一番楽しいですね!

最近は日本酒にハマって日本酒や美味しいお店の紹介記事ばっかり書いてます。

このブログについて

けぇーんがインプットしたものをアウトプットする目的として作成しました。
ネットワークエンジニアとしてだけではなく、日々感じたことを適当に書いていく、、そんな感じです。

 

twitter

@nw_enginer_life

twitterやってます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です